Web上で役立つサイトやソフト、ツールの使い方など紹介していきます。すべて無料です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/--] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【解凍圧縮】WinRAR インストール解説 【フリーソフト紹介】

公式サイト:WinRAR in Japan

WinRAR in Japan

このWinRARはとても便利な解凍圧縮ソフトです。
40日間無料のシェアウェアと書いてありますが、
40日過ぎてもそのままずっと無料で使えます。

ただ、期限を過ぎて解凍したり、ファイルを参照すると
「ライセンスを購入してください」という旨のポップアップが表示されます。

これを消す方法はないので、どうしても消したいなら購入するしかないです。


【解説】
このWinRARの特徴を公式サイトから引用すると

WinRARとは
 インターネットなどでRAR、R00~R??という拡張子をもつファイルを見たことはありませんか? 
この拡張子を持つファイルはWinRARで圧縮されたファイルです(圧縮されたファイルを書庫と呼びます)。

 日本で一般的に使われるLHAよりも高い圧縮率を得られるRARファイルと、世界で一般的に使われているZIPファイルの圧縮と解凍ができます。マルチボリュームとよばれる、ファイルを一定のサイズで分割する機能を使うことで、サイズの大きいファイルを簡単に扱えるようになります。そのほか、自己解凍書庫を作成する、信頼証明情報(署名)を付加する、書庫を変更できないようにロックするなど、多くの便利な機能があります。

 WinRARはシェアウェアです。インストールしてから40日間は、ご自由にお試しいただけます
(一部機能を制限しております)。
 多機能統合型アーカイブマネージャWinRARをどうぞお使いください。


WinRARの特徴
*WinRAR は、オリジナルの圧縮アルゴリズムを取り入れています。これは他の PC 圧縮ツールより、特に実行ファイル、オブジェクトライブラリ、大きなテキストファイルなどで高い圧縮率を可能にしています。

*WinRAR は、マルチメディアデータに非常に最適化された圧縮アルゴリズムを提供します。

*WinRAR は、ZIP書庫を完全にサポートします。ZIP書庫の圧縮・解凍はもちろん、パスワードをかけることも、コメントを付けることもできます。

*WinRAR は標準もしくは外部の自己解凍モジュールを使って、自己解凍書庫を作成・変更する機能を提供します。

*WinRAR はマルチボリュームの書庫を自己解凍書庫にする機能を提供します。

*WinRAR は書庫にパスワードをかけたり、コメントをつけたりする機能を提供します。

*WinRAR は書庫にリカバリレコードを付加することで壊れた書庫を修復したり、変更を防止するためロックをかけたりする機能を提供します。





【インストール方法】

1、WinRAR in Japan にアクセス。


2、左のダウンロードをクリックします。


3、すると次のような画面が表示されます。
 winrar Download page

それぞれの自分のOSに応じて
32ビット版か64ビット版を選んでクリックします。



4、ダウンロードが開始されるのでファイルを
  適当な場所に保存します。

winrar保存


5、ダウンロードした場所に下のようなファイルがあるはずなので
これをダブルクリックします。

winrar icon1

すると、インストーラーが立ち上がりインストール画面
が表示されるので、インストールをクリック。

winrar install

ここでBrowseからインストールするフォルダを指定できます。
特に問題がない限りデフォルトでいいです。


6、インストールが開始され、終わったら次の画面がでます。
ここも基本的にはそのままでいいです。

winrar setup

デスクトップアイコンを表示したり、スタートアップに登録したい方は
「インターフェース」の項目にチェックを入れてください。
OKを押すと「WinRARのインストールに成功しました」とでるので
完了ボタンを押してインストールは終わりです。

[2010/08/20] 解凍圧縮ソフト | TB(-) | CM(0)
最新記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。